依存症「排除できる」 IR巡り予算委で知事

改めてIR誘致推進を明言した仁坂知事

開会中の和歌山県議会定例会は10日、予算特別委員会の質疑が始まった。カジノを含む統合型リゾート(IR)について、衆院議員が逮捕された汚職事件やギャンブル依存症への懸念から、誘致手続きを止めるよう求めた質問に対し、仁坂吉伸知事は改めて誘致推進の考えを示し、「私が県民を惑わすようなことに手を出すとお思いでしょうか」と淡々と反論する場面があった。

奥村規子議員(共産、和歌山市)の質問に答えた。IR汚職について仁坂知事は、汚職の追及や排除は徹底的にすべきとした一方、公共事業としての誘致を止めることは別問題だと述べた。

ギャンブル依存症の問題については、奥村議員が「カジノが高収益を上げることはギャンブル依存症を必ず伴い、県の依存症対策と矛盾する」と指摘したのに対し、仁坂知事は、国の対策に加え、県独自の取り組みとして、依存症専門対策員の配置や、あらかじめ利用上限額を設定するチャージ式のIRカードの導入などを挙げ、「論理的にはカジノに起因するギャンブル依存症は排除できると考えている」と述べた。

奥村議員は、IRはカジノが利用者から吸い上げた莫大な金で運営され、国がIR政策の参考とするシンガポールでも依存症は深刻な問題になっているとし、「県民を惑わすようなことをやっているという自覚をしていただきたい」と仁坂知事を批判した。

また、和歌山市の平井子ども会で、架空の領収書を提出するなどして約1000万円の活動支援交付金が不正に支払われていた問題についての質疑もあった。

県は、今後も子ども会への補助は継続する一方、不正があったうち県の補助分の返還を市に求めるとともに、他の子ども会に問題がないか、県内市町村に立ち入り調査を行う考えを示した。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。