経済対策本部を設置 新型コロナで和歌山市

和歌山市は13日、庁内に「新型コロナウイルス感染症経済対策本部」を設置した。尾花正啓市長を本部長とし、感染拡大の影響で厳しさを増す経済や雇用情勢への迅速な対策を進める。

12日に開いた同感染症対策本部会議で設置を決定。市内企業にも感染拡大の影響が広がっており、緊急的な対策と中長期的な対策を含めて検討する。

また、同日の会議では、市主催の屋内イベントなどについて、全て中止にするのではなく、屋外で実施するなど、方法を変えて開催できないか検討することも決めた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。