症状あれば通勤自粛を 知事が感染に危機感

感染リスクの高まりに危機感を示した仁坂知事

新型コロナウイルス感染症の状況について仁坂吉伸知事は4月30日、「和歌山県内でも感染のリスクは高まっている。行動には注意してもらいたい」と述べ、せきや発熱などの症状がある場合は通勤を含めた外出を自粛するなど、改めて県民に協力を呼び掛けた。

発熱がありながら出勤していた感染者の例が県内でもあり、濃厚接触者や健康観察が必要な人が増え、感染の抑え込みが困難になる恐れがあることから、県は症状があれば通勤を控えるよう要請。ゴールデンウイーク期間中は可能な限り休暇や在宅勤務にし、特に大阪府内への通勤は自粛するよう求めている。

また、早期発見のため、何らかの症状がある場合は家に待機するのではなく、地元のクリニックを受診するよう改めて呼び掛けた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。