全世帯にマスク配布へ 紀美野緊急経済対策

和歌山県紀美野町は4月28日、町内全世帯にマスクを配布する事業など新型コロナウイルス感染症の緊急経済対策を盛り込んだ総額9億1837万円の2020年度一般会計補正予算案を臨時町議会に提出。同日中に原案通り可決、成立した。

町単独事業として、町内約4200世帯に50枚ずつマスクを配布する。6人以上の約50世帯には100枚ずつとし、計約21万3000枚を調達する費用として1395万円を計上している。5月中の配布を目指し、町内各世帯に引換券を郵送する。

休校が続く小中学校の家庭学習支援として、小学生に1人1台のタブレット端末を配備し、オンライン学習の環境を整備する事業も、町単独で行う。中学生と小学5年生以上にはすでに1人1台を配備済みのため、今回は1~4年生の分として約160台を購入する。事業費は1735万円。

この他、国の緊急経済対策に基づき、1人10万円の給付金に8億8025万円、子育て世帯の子ども1人当たり1万円の臨時特別給付金に682万円を計上している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。