6月5日に開業へ 南海市駅「キーノ和歌山」

延期を経てオープンが決まった「キーノ和歌山」

和歌山市と南海電鉄は15日、開業が延期されていた南海和歌山市駅の複合施設「キーノ和歌山」の商業ゾーンと新市民図書館が6月5日にグランドオープンすると発表した。

キーノ和歌山は当初、4月24日に開業を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、延期されていた。

商業ゾーンは1階に食品スーパー、2階に飲食店、3階にクリニックやスポーツジムなどが入る。

市民図書館は、キッズスペースやカフェなどを含む全フロアのオープンに先立ち、5月18日から2・3階での図書の閲覧を開始する。

グランドオープン当日は式典などは行わない。4~12階に入る「カンデオホテルズ南海和歌山」の開業日は未定。

尾花正啓市長は「市の活性化を担う非常に大きな事業として進めてきた。オープンに大変期待している」と話した。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。