恵みの雨が待ち遠しい 和歌山城アジサイ見頃

アジサイが見頃を向かえた「鶴の渓」

平年並みなら近畿地方の梅雨入りはそろそろ――。和歌山県和歌山市の和歌山城「鶴の渓」では、雨が似合うアジサイの花が見頃を迎えている。

和歌山城公園西側の「鶴の渓」は、紀州徳川家の祖・頼宣が入国する前、浅野氏の時代にツルを飼っていたことからその名が付いたといわれ、現在はアジサイ約170株が植えられている。

市によると、2006年に市が約100株を植え、翌年に民間からの寄贈で追加され、アジサイの名所として市民や観光客に親しまれるようになった。

青色や紫色、黄色など多彩な色の花が咲いており、まだつぼみが残る株もあるため、今月下旬ごろまで楽しめそう。

天気の良い日は、強い日差しで少し元気がなさそうな花もあり、恵みの雨が待ち遠しい。

園内を散策する人たちは色合いの異なる花に見入ったり、写真を撮ったりして楽しんでいる。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。