電動スクーター先行販売 グラフィット新型

先行販売中の電動バイク(グラフィット提供)

電動バイクを開発・製造するglafit(グラフィット)㈱(和歌山県和歌山市出島、鳴海禎造社長)は、立ち乗りができる電動バイク「X―SCOOTER LOM(クロススクーターロム)」を開発した。応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」で先行販売している。

LOMはステップにまたがり立ち乗りで運転でき、折り畳めるスクーター。国内では第一種原動機付自転車に分類される。前輪12インチ、後輪10インチの電動バイク用タイヤをセットしており、走行時の安定性と操作性が高くなっている。段差や石畳などの道にも対応することができる。

1回の充電で走行可能な距離は約40㌔。バッテリーの残量や航続可能距離は、専用のスマートフォンアプリでチェックできる。ヘッドライトやミラー、ウインカーなどの保安部品を付属しており、国内で公道を走行できることも特長。速度は時速25㌔以上、約25㌔、約10㌔の3モードから選べる。同社はキックボードとの違いとして、キックボードがバッテリーの寿命とともに廃棄されることが多いのに対し、LOMはバッテリー交換のみで長く利用できることを挙げている。

色はホワイト、モカベージュ、スカイブルー、マットブラック。マクアケでの販売価格(超早割)は10万5000円(税込み)。販売予定価格は14万9600円(同)。

詳細はプロジェクトページ(https://www.makuake.com/project/glafit-lom/)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。