39校組み合わせ決まる 高校野球県独自大会

引いたくじの番号を読み上げる部長

新型コロナウイルス感染症の影響により中止となった第102回全国高校野球選手権和歌山大会に代わる和歌山県独自大会「2020 夏 高校野球和歌山大会」の組み合わせ抽選が26日、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛であり、各チームの対戦相手が決定した。大会は7月18日に開幕し、全試合を同市毛見の紀三井寺公園野球場で行う。日程が順調に進めば決勝は8月5日に実施する予定。

この日は出場校の部長らが出席。県高野連の愛須貴志会長は冒頭のあいさつで「3年生にとっては最後の大会であり、いったん大会が途切れると1、2年生にも大きな影響があるのではと考えた。きょう集まって大会の話ができ、抽選ができることが大変うれしい」と夏の大会を開催できることに対する喜びを語った。

大会はトーナメント制。新型コロナ対策のため原則無観客で開催する。メンバー外の部員や保護者などは入場できる。入場行進などを伴う例年のような開会式は行わない。準決勝までは延長10回からタイブレークを導入し、無死1、2塁から攻撃を開始する。決勝はタイブレークを導入せず、延長15回で決着がつかなかった場合は再試合となる。7回以降7点差以上がついた場合はコールドゲームとなる。

抽選では、出場各校の部長が1人ずつくじを引き、引いた番号を読み上げ、各校の部長は抽選の結果に聞き入り、真剣な表情でペンを走らせた。

18日の開幕試合は南部龍神と耐久の組み合わせ。同日は第2試合で近大新宮と向陽、第3試合で高野山と神島が対戦する。前回大会優勝の智弁和歌山は26日の第1試合で昨夏4強の南部、準優勝の那賀は23日の第3試合で実力校の初芝橋本とぶつかる。毎年優勝候補に挙げられ好投手の岩本を擁する市和歌山は26日の第2試合で笠田と対戦することが決まった。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。