バイオリニスト竜馬さん 和歌山市でライブ

バイオリニストの竜馬さん(オフィスウォーカー提供)

気鋭のバイオリニスト・竜馬さんが5日、和歌山市内3カ所でコンサートを行う。「エンターテインメントで戦争を10分でも止めたい」と目標を掲げ、国内外を飛び回ってきたアーティストのパフォーマンスに和歌山で接することができる貴重な機会。竜馬さんは「和歌山の皆さまに幸せだったなと思ってもらえるようなライブにしたい」と話している。

竜馬さんはこれまでに、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』『龍馬伝』など300本以上の映像作品の音楽演奏を担当し、『のだめカンタービレ』『SP』などには映像出演。国内外で1600回以上のライブを行い、和楽器とのユニット「竜馬四重奏」として2016年にメジャーデビューを果たした。

和歌山との縁では、作曲した同ユニットの曲「YAMATO」が智弁和歌山高校野球部の応援歌として19年の選抜大会で披露され、甲子園を沸かせた。竜馬さんも元球児の一人で、「自分の作った曲が応援歌の一曲になり、とてもうれしかった」と話す。

所属する芸能事務所「オフィスウォーカー」の設立者で、竜馬さんにとって芸能界の恩人である故・大谷勝巳さんが県出身であることからも、和歌山に縁を感じている。

5日は、2月に行った県内初ライブ以来の和歌山での演奏会。時間と会場、チケットなどの問い合わせは次の通り。

①午前10時~、わかうら食堂(新和歌浦、℡073・498・8311)、朝食付き3300円

②午後1時~、エピカリス(新和歌浦)※チケット完売

③午後7時半~、ショットバー「HERON」(屏風丁、℡073・427・5550)、3000円(別途ワンドリンク)

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。