紀の国文化祭 PR隊に「すみたに」、本谷さん

キャラバン隊ラッピングカーの前で「すみたに」と本谷さん

来年10月30日から県内で開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」を盛り上げようと4日、広報キャラバン隊に地元の兄弟お笑いコンビ「すみたに」、SNSなどでPRする「スペシャルインフルエンサー」に和歌山県出身でモデルの本谷紗己さんが任命された。今後、さまざまな発信やプロジェクトを通じて文化祭の周知を図る。

広報キャラバン隊は、「すみたに」を中心とするメンバーがマスコットキャラクター「きいちゃん」と共に県内各地をラッピングカーで走り、イベントなどで文化祭をPRする。

県民に折り鶴を作成してもらい、その折り鶴できいちゃんの折り鶴アートを制作する「折り鶴プロジェクト」や、県内文化関係団体からなる「盛り上げ隊」が県内の保育園、幼稚園、小中学校などに出向き文化体験を行う「出前体験プロジェクト」を実施。また、文化祭ポスターを県内全域で2021枚掲出し、掲載の様子や協力企業などの紹介をSNSで発信し盛り上げる「ポスター2021プロジェクト」を行う。

「スペシャルインフルエンサー」には本谷さんの他、県出身で東京在住の声優の中島由貴さんにも委嘱予定。SNSやテレビ、ラジオなどで文化祭の情報や魅力を発信する。文化祭のPR映像にも出演しガイドブックなどにも掲載する。

同日、県庁で委嘱式が行われ、本谷さんが仁坂吉伸知事から委嘱状を受け取った。また、すみたに兄弟が「一人でも多くの方に文化祭を知ってもらえるよう、コロナ対策を万全に元気な和歌山を取り戻し、来年盛大に開催し、大役を果たせるよう頑張ります」と意気込んだ。

決意表明後には、県庁正面から「広報キャラバン隊ラッピングカー」が出発した。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。