智弁が磐石の県V 投打に初芝橋本を圧倒

優勝を決め笑顔を見せる選手たち

「2020 夏 高校野球和歌山大会」は大会15日目の6日、和歌山県和歌山市毛見の紀三井寺公園野球場で決勝があり、智弁和歌山が序盤から投打に初芝橋本を圧倒し、10―1で優勝を決めた。

15日目【決勝】
〔初〕森田、大西―新井、松井大〔智〕中西、池田、大林、矢田、小林樹―石平、宇井▽本塁打=綾原▽2塁打=細川

智弁が自慢の強打を見せつけ、相手の好投手・森田を攻略した。1点を先制された智弁は2回裏、無死から畑、角井、中西が3連打を放って同点に追い付くと、1死2、3塁から1番の細川主将が左越えに適時2塁打を放ち、2点を勝ち越した。3点をリードして迎えた5回裏は細川の左前適時打や2番・綾原の3点本塁打などで6点を加え、初芝橋本を突き放した。

投手陣は、本格派右腕の中西が状態の良さを買われ先発。5回は無死3塁のピンチを背負ったが後続を打ち取りゼロに抑えるなど、力のある直球を武器に5回を1失点と試合をつくり、先発の役割を果たした。6回からは技巧派左腕の池田、右横手の大林、左腕の矢田が1回ずつ登板。9回はプロ注目のエース・小林樹斗がマウンドに上がり、抜群の球威を誇る直球を軸に2番から始まる相手の上位打線を三者凡退に封じ、試合を締めた。

中谷仁監督「必ず和歌山でナンバーワンになるんだという気持ちでチーム全員で優勝を勝ち取ることができた。

細川凌平主将「後ろの打者につなげようという気持ちがこういう結果につながった。こういう形で終われてうれしい」

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。