安倍首相辞表明 県内政界の声さまざま

住宅街に貼られた安倍首相のポスター

安倍晋三首相は28日夕、記者会見し、持病の潰瘍性大腸炎の悪化を理由に辞任の意向を正式に表明した。体調不安説がささやかれていたとはいえ、突然の辞意は与野党に衝撃を広げ、後継の首相は誰になるのか、解散総選挙の時期は早まるのか、今後の動向が注目されている。和歌山県内各政党の幹部らに首相の辞意表明の受け止めや安倍政権の評価を聞いた。

自民党県連・山下直也幹事長
驚いている。残念だ。おおらかで優しい方。国のために長らくご活躍いただいたことに対して敬意を表したい。党に対しての功績も大きいと思う。和歌山に関しても観光や国土強靭化などの分野をはじめ大変ご尽力いただいた。次の人には新型コロナウイルスの対策はもちろん、経済対策や災害に備えた国土強靭化にも引き続き力を入れて取り組んでほしい。

公明党県本部・多田純一代表
大変驚いた。安倍政権はデフレからの脱却を進め、有効求人倍率が県内でも1を超えて良くなるなど、雇用・経済対策で大きな成果を挙げた。災害に備え、県民が安心して暮らせる面でもインフラ整備が進んできた。自民党には国民の負託に応えられる総裁を選んでもらい、公明党と新たな協議をして、政策を示してもらいたい。総選挙は待ったなしになってくるだろう。

立憲民主党県連・山本忠相幹事長
いろいろな思いが重なってのことだと思う。唐突だが、安倍首相らしい辞任の仕方かもしれない。消えた年金問題や拉致問題は、解決すると言いつつ進展していない。結果が付いてこず、現在になったのかなと思う。
新しい総理が誰かというより、今コロナで大変な思いをしている国民が早く穏やかな生活が送れるような対策を作ってもらいたい。

国民民主党県連・浦口高典幹事長
野党として安倍政権とは長く対峙(たいじ)してきたが、体調が原因での辞任であり、「お疲れさまでした。ゆっくり休んでください」と思う。政権運営については、アベノミクスによって地方が潤った実感はなく、ロシアとの北方領土交渉、北朝鮮による拉致問題への取り組みなども、風呂敷は大きく広げたが進んでいない。選挙になっても、今まで通り改革を訴えていく。

共産党県委員会・下角力委員長
最近はテレビを見ても表情に元気がなかった。国政の基本中の基本である立憲主義を無視し、身内を大事にして平気で国政を私物化するなど、後世に禍根を残した。あまりにもひどい政権だった。アベノミクスはただ株価を上げるための施策。非正規雇用が増え、外交も米国に追随するだけで特に成果はなかった。ひどいとしか言いようがない。

日本維新の会県総支部・林隆一幹事長
辞任は病気だから仕方がない。内閣支持率も下がっている。アベノミクスによって株価は上がったが、恩恵は都市部や大企業にとどまり、和歌山はほとんど恩恵を受けていない。中国やロシアとの関係など外交もうまく行っていそうでうまく行っていなかった。次も安倍政権の路線がある程度継承されると思うが、自公政権は成果を挙げておらず、特に期待していない。

仁坂吉伸知事
憲政史上最長の政権として、日本経済の復活に尽力した。とりわけ和歌山県にとっては、将来に希望の光が見えてくるような政策を推進したことに感謝したい。地方創生の取り組みや高速道路などのインフラ整備、国土強靭(きょうじん)化に大きな進展があったのは安倍政権の支援に負うところが大きい。

尾花正啓和歌山市長
企業視察で和歌山市を訪問されるなど、地方行政にも目配りし、地方創生に尽力いただいた。新型コロナウイルス、東京オリンピックなど大きな課題解決に取り組んでいる中、任期途中での辞任は誠に残念な思いがある。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。