県内選手指名なるか 26日ドラフトに注目

夢への吉報を待つ小林選手(和歌山市冬野の学校グラウンドで)

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト)が26日、東京都内で開かれる。和歌山県内からは高校生4人がプロ志望届を提出。和歌山出身で県外の高校、大学で活躍中の選手も吉報を待つ。

県内の高校生では、智弁和歌山の小林樹斗投手、細川凌平内野手、和歌山東の玉置隼翔投手、高野山の植幸輔捕手の4人がプロ志望届を提出した。

小林選手は上位指名も噂されるなど、今ドラフトでも注目の存在。右上手から投げ込む最速152㌔の直球は超高校級。スライダー、カットボールなどの変化球もキレがある。2年春の選抜では明石商(兵庫)を相手に好投し、今夏の甲子園交流試合では尽誠学園(香川)の強力打線を自慢の直球で手玉に取った。

細川選手は京都出身で、50㍍を5秒台で走るスピードが魅力。打撃では左右に打ち分けることができ、守備では内外野を守ることができる。智弁では主に1、2番を打ち、強力打線をバットと足でけん引してきた。

和東の玉置選手は188㌢と体格に恵まれ、打者としても長打力を備える。本格的に投手を始めたのは同校入学後でまだ経験は浅いが、140㌔前後の直球と落ちる変化球を持つ。今夏の県独自大会はけがの影響で出場なしに終わった。現在も後輩に交じって練習を続けており吉報を待つ。高野山の植選手は185㌢の大型捕手。今夏の県独自大会ではチーム事情から本職の捕手に加え投手としても活躍するなど、野球センスの高さを印象づけた。

この他、紀の川市立粉河中学校から大阪桐蔭に進み、1年秋から3番打者として活躍した西野力矢内野手が志望届を提出。逆方向にも大きな当たりを打てるのが魅力で、高校通算本塁打は約30本。昨秋の近畿大会・明石商戦では今ドラフトの上位指名候補・中森俊介から本塁打を放った。

県出身の大学生では新宮市出身で天理大4年の森浦大輔投手が指名を待つ。同市立緑丘中学校から天理高に進み、高校時代は技巧派左腕として春夏の甲子園に出場。天理大入学後も下級生の頃から主力投手の1人として活躍してきた。140㌔台の直球やチェンジアップが武器で制球も良く安定感を誇る。

 

プロ入り目標「どこでも」智弁の小林樹斗投手

ドラフト会議で指名を待つ智弁和歌山の小林樹斗選手=美浜町吉原、松洋中出身=は22日、「プロ入りが目標なので指名していただける球団どこにでも行きたい」と心境を語った。150㌔超の速球が武器の本格派右腕。夢の実現へ「志望届を提出した以上、どう活躍するかをイメージし、いまできることをやっています」と高いモチベーションで吉報を待つ。

ドラフト会議に向けては9月2日にプロ志望届を提出。「プロか進学か考えたとき、思いはプロの方が強かった」と話し、「決めた方へ行きな」という両親の言葉も後押しになったという。

複数の球団の上位指名候補に名前が挙がっていると伝えられており、「僕はそこまでの選手なのかな」と謙虚に、「指名されるか分かりませんが、1年目からいいスタートが切れるよう、いまの時間を大切にしています」ときっぱり。夏以降も練習を継続しており、体づくりや技術の個別メニューを毎日5、6時間こなしている。

中学時代は軟式でプレー。チームメートに硬式チームのOBが多いなか、「高校になると一気にレベルが上がると思っていたので、中学でしっかり野球を楽しみました。また、中学校も高校も同じ部活動ということで、いま思うと、授業が終わって練習という毎日のサイクルが変わらず、よかった」と振り返る。

高校では甲子園での投球が思い出深く、中でも2年夏に星稜の奥川恭伸選手(現ヤクルト)と投げ合った試合は特別。それ以来ずっと奥川選手が憧れの存在になり、マウンドでも気持ちを前面に出すようになった。

球速に注目されがちだが、気持ちはいつもチームの勝利が一番。「(中谷仁)監督からは立ち居振る舞いについてもよく言われました。技術だけでなく、人間的にも成長させてもらいました」と感謝する。

幼い頃から父英樹さんに甲子園の阪神戦へ連れて行ってもらい、好きになった野球。「プロで活躍することで恩返しできれば」という。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。