80代の女性死亡 岩出のクラスター18人に

感染を発表する野㞍技監㊧

新型コロナウイルス感染症で、和歌山県は5~6日に計18人の感染者を発表した。入院していた和歌山市の80代女性は5日朝に死亡が確認された。㈱メリーマート(大阪府)が岩出市内のビルで開いた健康食品についての講習・販売イベント「メリーマート岩出会場」に参加した人の感染が相次ぎ、6日夕現在で県外在住の人を含む少なくとも計18人の感染が判明。クラスター(感染者集団)に認定した。県内の累計感染者数は503人。6日午後1時時点で76人が入院している。

県によると、亡くなった女性は11月14日から発熱があり、22日に検査で陽性と判明。入院したが症状が悪化し酸素投与も必要となった。
基礎疾患があったという。家族2人が新型コロナに感染し、すでに退院している。

5日に発表された感染者は5人で、和歌山市の70代無職女性、30代会社員男性、橋本保健所管内の30代会社役員の男性、30代会社員女性、10代男子小学生。

6日に発表された感染者は13人。和歌山市の60代無職女性、70代無職女性、50代会社員男性、20代会社員男性、30代男性。岩出保健所管内の感染者は80代女性4人、70代女性1人、60代女性2人、湯浅保健所管内では20代会社員男性。このうち10人は「メリーマート岩出会場」の従業員と来場者。同社は11月2日からビルの一室で健康食品などの講習と商品販売を行っており、28日までに大阪で従業員の感染が分かったため、29日以降は休業している。県内の利用客63人は店側の名簿で把握できたが、連絡の取れない人が数人いることから、県は会社名を公表した。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。