銀河が和歌山駆ける 来夏、新宮―京都間

県内を走ることが発表された「WEST EXPRESS 銀河」(JR西日本㈱提供)

JR西日本㈱は16日、現在関西と山陽地方の間で運行している長距離観光列車「WEST EXPRESS 銀河」を来年夏から秋にかけて京都―新宮間で運行すると発表した。

「WEST EXPRESS 銀河」はことし9月に京都・大阪―山陰間で運行を開始。車体カラーは西日本各地の美しい海や空を表現しようと瑠璃紺色とした。グリーン席や個室もある。車内では沿線地域の名物を使用した朝、昼の食事やスイーツなどが提供されている他、沿線名物、オリジナルグッズなどの販売も行われている。列車は6両編成。京都からの下りは夜行、新宮からの上りは昼行となる。停車駅や詳細なダイヤ、運行本数などは決まっていない。

同列車を巡っては、紀南地方の7市町村と県が県内への誘致を目指し、同社に対してことし10月に要望書を提出していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。