全国初の肉球パンチ穴 貴志川線の往復切符

猫の駅長が入鋏したような肉球パンチ穴

和歌山電鐵㈱(和歌山県和歌山市伊太祈曽、小嶋光信社長)は、23日から同社初となる硬券式往復普通乗車券を発売する。

2019年から実施している貴志川線の永続に向けた「キシカイセイプロジェクト」の第8弾。新型コロナの大打撃に負けず、路線の維持継続とともに地域の活性化を目指す。

和歌山―貴志(往復820円)、和歌山―伊太祈曽(同640円)、伊太祈曽―貴志(同640円)の3区間で、大人券のみ。発売日から2日間有効。

和歌山駅9番ホーム窓口で、同駅発着の2券種を購入できる。伊太祈曽―貴志の1券種は、伊太祈曽駅で販売。午前9時~午後5時半。

ICカードが主流となった現代では珍しい硬券式の同乗車券発売を記念し、23日からは同乗車券の使用時に肉球型の特注改札鋏で入鋏を受けられる。

猫の駅長が入鋏したかのような肉球型のパンチ穴は全国初で、「乗りに行きたい電車」を目指す。同社の広報担当者は、「全国でここだけの特別な肉球型パンチ穴が、今後貴志川線の特長として育っていけばうれしい」とPRする。

問い合わせは同社(℡073・478・0110)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。