県リフレッシュプラン 第2回も即日完売

和歌山県民による県内旅行の費用を1泊あたり最大1万円助成する「わかやまリフレッシュプラン3rd」の電子チケットの第2回販売が14日午前11時から行われ、20万枚が午後5時45分ごろに売り切れた。

県観光振興課によると、初回販売の8万枚が3時間足らずで売り切れ、販売サイトへのアクセスが一時困難になった事態を受け、今回はサーバーを増強し、販売枚数も増やした。事業の知名度、注目度が高まり、2回目も大好評となった。

「3rd」の電子チケットは10回程度に分けて販売を計画している。予定枚数は全体で約42万枚のため、3回目以降の販売枚数は少なくなる見込み。

次回の販売は21日午後7時から。仕事をしている人が買いにくいとの意見を受け、販売時間を夜に設定した。購入は特設サイト(https://wakayama-refresh.com/)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。