コロッケさん県庁訪問 「旅うた」撮影へ

県庁を訪問したコロッケさん㊨と仁坂知事

日本の美しい自然を感じられる町や人を訪ねるネット有料配信番組「コロッケの旅うた」の和歌山編が、12月11日~26日に全国配信されるのを前に、タレントのコロッケさんが19日、県庁に仁坂吉伸知事を訪ねてPRした。

同番組は、コロナ禍で旅に行きたくても行けない人を代表し、コロッケさんが地元案内役と共に各地を訪れ、地域の人と出会いながら、その土地ならではの場所でミニコンサートを行う、「旅」と「歌」を融合させた「旅うた」番組。

昨年、第1回目となる石垣島編のSNS配信番組がスタートし、今回で2回目。「蘇りの聖地『熊野』でパワーチャージ」をテーマに、コロッケさんが地元案内役を務める和歌山市出身の歌手、田川寿美さんと共に、那智勝浦町などを巡る。12月3、4日の両日、県内各地で撮影が行われる他、4日午後4時からは白浜町のホテルシーモアでライブ収録が行われる。

県内での撮影を前に、コロッケさんは番組の演出兼プロデューサーの門田頼枚さんと訪問。仁坂知事は、「熊野は古くからパワーチャージの地で、高野山は宗教の聖地。宗派も関係なく、『誰でもいらっしゃい』というのが基本哲学。訪れた一人ひとりが魂や体をリフレッシュして、人生のエネルギーにしていく」と伝えた。

コロッケさんは、コンサートなどで2年に1度程度来県しているとし、「優しさや一歩引いた距離感、受け入れが自然なところがいい」と県民の魅力を語り、「人としての修行の地である熊野はもっと注目されるべき」とも話した。番組については、「県民とつなぎ、互いに発信していくことで活性化につながれば」と願い、「現在、過去、未来をテーマに、幅広い世代の人が後世に語り継いでくれるような番組にしたい」と意気込んだ。

ライブ収録の観覧チケットは2200円。先着50人。PIA LIVE STREAMでのライブ配信サービスの視聴チケットは1000円。いずれも「チケットぴあ」で販売中。

問い合わせは㈱アイプロックス・イベント事務局にメール(info@tabiuta.jp)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。