県ふるさと広報大使に 声優の中島由貴さん委嘱

県ふるさと広報大使に就任した中島さん㊧

和歌山県出身の声優・中島由貴さん(24)=ビーフェクト=が27日、「和歌山県ふるさと広報大使」に就任し、県庁で仁坂吉伸知事から委嘱状の交付を受けた。

中島さんはジュニアモデルとして活躍し、2015年から声優の活動を始め、『アイドルマスターシンデレラガールズ』の乙倉悠貴役などを好演。歌手、バンド、タレント活動など多方面で活躍し、22年1月放送のアニメ『失格紋の最強賢者』のエンディングテーマの担当も決まっている。

ツイッターのフォロワー数は29万人を超え、県の名所や産品などのPRも積極的に行い、19年6月から県ふるさと広報局員、20年9月から同局長となり、「紀の国わかやま文化祭2021」ではスペシャルインフルエンサーを務めた。

和歌山を全国に発信してきたこれまでの貢献に敬意を表して、局長から大使への昇格が決定。委嘱式で仁坂知事はブルネイ大使を務めた自身の経験も踏まえ、「局長は一般職、大使は特別職で全然違う。大使は一生ものです」とユーモアを交えて特別な委嘱であることを伝え、中島さんの活躍に期待を寄せた。

中島さんは「ついに大使なんだと驚いています。和歌山は自然豊かで人が優しく、食べ物がおいしい。皆さんに和歌山に来てもらうきっかけをつくれるように頑張っていきます」と話していた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。