コロナ退院基準を緩和 病床逼迫を懸念

新型コロナウイルスのオミクロン株による感染が急増し、和歌山県内でも病床の逼迫(ひっぱく)が懸念されることから、県は14日、感染者の入院期間を3~5日短縮するなど退院基準を緩和した。

オミクロン株以外またはオミクロン株でワクチンを接種済みの感染者は、症状が軽快している場合の退院基準を、従来の発症から10日経過を7日に短縮。無症状者は、検体採取から10日経過だったのを5日にした。

オミクロン株でワクチン未接種の感染者は、有症状の場合、2回の陰性確認が必要だったのを、発症から10日経過で退院できるとし、無症状の場合は半分の5日で可能とした。

いずれも退院後は原則、ホテルでの療養とし、陰性確認や国の基準を満たした上で自宅に戻れるとしている。

県福祉保健部の野㞍孝子技監は「(基準緩和で)病院が空くから、いつかかってもいい、みたいなことは決して思わないでほしい」と話し、県民一人ひとりの感染予防対策が重要と強調した。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。