紀の川市長選あす告示 新人一騎打ちか

岸本氏

森田氏

森田氏

「七つ道具」を点検する市職員

「七つ道具」を点検する市職員

中村愼司前市長の死去に伴う紀の川市長選が20日告示、27日に投開票される。前市長の後継者をうたう元県議の岸本健氏(51)=自民、公明、国民民主推薦=と、昨年12月の市長選に立候補した元市議森田幾久氏(54)の、いずれも無所属新人の2人が立候補を表明。他に表明している人はいないため、一騎打ちとなる公算が大きい。

昨年12月12年ぶりに実施された前回の市長選は当時現職の中村氏が5選を決めた。しかし、ことし1月13日に病気のため死去したことで、約2カ月半後に再び実施されることになった。

岸本氏は同市出身。県立粉河高校から拓殖大学商学部を卒業後、中学校教諭や議員秘書を経て衆院議員に当選。その後、県議を4期務め、その間に県議会議長にも就任した。

中村前市長の肝いり政策の一つだった大阪府と結ぶ「京奈和関空連絡道路」の実現や、市道の修繕工事予算の倍増、地域振興券の配布などを掲げて、前市長の政策の継承を打ち出す。「農学部」などの高等教育機関の誘致など独自政策も訴える。

森田氏は同市出身。智弁学園高校から東洋大学法学部を卒業後、建設会社の社員を経て旧粉河町議や、市町村合併には紀の川市議を4期務めた。前回市長選は前市長に敗れた。

遊休農地などの整備を支援して基幹産業の農業の活性化図る。その他の政策では、交通弱者対策として既存バスの延伸支援や、教育レベルの向上を目指した校区外でも通える小中一貫校の設立などで、市政の変革を一貫して掲げる。

前回の市長選投票率は過去最低の58・85%。今回は依然として新型コロナウイルス対策が続く中、中村前市長が進めた市政の継続か、刷新かを問う選挙となりそうだ。

市選挙管理委員会は、街頭演説で使用する標旗や腕章など立候補者に交付する「七つ道具」を点検。市内276カ所にポスター掲示板の設置も済ませた。立候補の届け出は20日午前8時半~午後5時、市役所庁舎で受け付ける。期日前投票は市役所など5カ所で午前8時半~午後8時。昨年12月1日現在の選挙人名簿登録者数は5万2053人(男2万4494人、女2万7559人)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。