元阪神の濱中さん  和歌山FBのGMに就任

北岡大伸球団代表㊨と握手を交わす濱中さん

野球の「さわかみ関西独立リーグ」所属で田辺・西牟婁を拠点に活動する和歌山ファイティングバーズ(FB)ゼネラルマネジャー(GM)に23日、田辺市出身でプロ野球・阪神タイガースなどで活躍した濱中治さん(43)が就任。同日、同市内で記者会見し「地元の皆さんに愛され、まちを盛り上げられる球団にし、ふるさとに貢献したい」と述べた。

濱中さんは1996年、ドラフト3位で阪神に入団。強打の外野手として活躍し、2度のリーグ優勝を経験した。2008年にオリックス、11年にヤクルトに移籍し、同年に引退。15~19年には阪神の打撃コーチを務め、現在は野球解説者をしている。

活動については企業訪問を通じたスポンサー獲得を中心に、選手への指導や子ども向けイベントへの参加などを行うとし、「全力疾走、全力プレーで試合を見に来た人を元気づけられるようなチームをつくりたい。NPB(日本野球機構)の選手も出したいし、子どもたちへの野球の普及にも取り組みたい」と力を込めた。

契約は10月末までとしている。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。