環境に優しい生活しよう きいちゃんがPR

空調のフィルター清掃をするきいちゃん

環境に優しい取り組みを和歌山県民に呼び掛けようと、県は5月31日、県PRキャラクター「きいちゃん」による打ち水と空調のフィルター清掃のデモンストレーションを行った。

6月の「環境月間」に合わせた恒例の取り組み。打ち水は、水が蒸発する際の気化熱で周囲の気温を下げる。フィルター清掃は、空調機器の消費電力や二酸化炭素排出量の削減につながる。

きいちゃんは「環境月間」の鉢巻きを着けて県庁正面玄関前に登場し、ひしゃくで爽やかに水をまいた。続いて県庁本館に移動すると、掃除機でエアコンのフィルターを丁寧に清掃。「身近なところから環境保全に役立つ取り組みをしてほしいワン」と県民に呼び掛けた。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。