観光で地域変革リード 和大に専門職大学院

和歌山大学は来年4月、大学院観光学研究科に、専門職大学院の「観光地域マネジメント専攻」を新設する。観光を中心にカリキュラムを構築した専門職大学院は全国初。観光から社会の活性化や地域の価値創造をけん引できる高度専門職業人の養成を図る。

専門職大学院は、大学院のうち、高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識や卓越した能力を培うことを目的とするもの。

同大によると、観光地域マネジメント専攻では、観光地域の多様な利害関係者と連携し、地域の価値を高め、「稼ぐ力」を向上させられる人材の育成に向け、地域価値の創造を実現し、地域社会との協働的な関係性を構築し、データ分析に基づいた戦略的意思決定を行う能力を身に付ける。

入学定員は10人。観光地域マネジメント修士の学位が取得できる。9月中に募集を開始する予定。

同大は「観光を基軸として地域の新たな価値を共に創造し、持続可能な地域の実現を先導したいという意欲のある学生、また観光地で働いている社会人に入学してもらいたい」と話している。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。