プレミアム商品券 和市が27日に受付開始

和歌山市は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店や小売店などを支援し、市内の消費を喚起するためのプレミアム付き商品券「わかやまペイ」の購入申し込みを27日に開始する。

「わかやまペイ」は、1口4500円を3000円で販売するデジタル商品券を45万口(プレミアム率50%)、1口4000円を3000円で販売する非デジタル商品券を19万口(同33・3%)発行する。スマートフォンで使える便利なデジタル商品券は、同市で過去最大のプレミアム率となっている。

いずれも2000円分は全店舗共通で使用でき、残り2000~2500円分は「中小店舗」に使用を限定。1000平方㍍以上の大規模小売店、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、市外に本社がある事業所、フランチャイズチェーン店を除いた店舗を対象とし、市内事業者に効果が届きやすくなっている。

デジタル、非デジタルのどちらかを、1人2口まで購入できる。同一世帯の家族分はまとめて申し込み可能。市民限定の第1次募集を27日から10月12日まで受け付け、販売予定数に達しない場合は、第2次募集を11月1日から13日まで行う。第2次は限定なしで市民以外も購入できるが、応募多数の場合は、第1次で購入していない市民を優先して抽選となる。

募集や購入方法などの詳細は専用ポータルサイト(https://wakayama-premium.jp)に9月22日に掲載予定。

問い合わせは市プレミアム付商品券事業事務局コールセンター(0120・885・205=平日午前9時~午後5時)。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。