松の木に「こも」 立冬の和歌山城公園

松の幹にこもを巻く市職員ら

「立冬」を迎えた7日、和歌山市の和歌山城公園で、園内の約250本の松に「こも」を巻く作業が行われた。

わらで作られたこもは、中でマツカレハの幼虫(マツケムシ)などの害虫を越冬させ、春先に焼却する昔ながらの駆除の方法。和歌山城では江戸時代から続くとされ、「立冬」にこもを巻き、翌年3月上旬の「啓蟄(けいちつ)」の日(来年は6日)に外すのが伝統となっている。

この日、午前9時から市和歌山城整備企画課の公園管理の職員9人が一の橋付近から作業を開始。堀端や庭園に植えられた松を順に回り、幅約45㌢のこもを松の大きさに合わせて調整し、根元から1㍍ほどの高さで幹に巻き付けた。

実際にこもから害虫が見つかることは少ないが、冬の風物詩として同公園を訪れる市民らに親しまれている。

記事元: わかやま新報 ※掲載記事内容は記事提供元で過去に掲載された内容になります。