ロカルわかやま

Loading Loading...

和歌山ニュース 大相撲和歌山場所 県出身の岩友親方らPR

大相撲和歌山場所 県出身の岩友親方らPR

公開日 2023.06.22
大相撲和歌山場所をPRする(左から)大越副会長、尾崎会長、岩友親方

大相撲の秋巡業「大相撲和歌山場所」が10月21日、和歌山市手平の和歌山ビッグホエールで行われる。県内での巡業は2016年以来、7年ぶり。横綱や大関をはじめ、およそ200人の力士が参加を予定している。

地方巡業は社会貢献や地域活性化、大相撲の発展などを目的に実施。和歌山場所は、テレビ和歌山の開局50周年を記念して行われる。

当日は午前9時に開場し、公開稽古が行われる。午後1時半から幕内力士や横綱が土俵入りし、2時から取組を予定。初切や甚句、太鼓といったお好みも披露する。

県民文化会館で開かれた記者会見には、同場所実行委員会の尾崎要二会長、大越康臣副会長、御坊市出身の元力士、春日野部屋の岩友守親方(元木村山)が出席。岩友親方は「テレビで見るのとは違う距離の近さを楽しんでもらいたい。間近で見る雰囲気や迫力も感じてほしい」と呼びかけている。

チケットはタマリ席1万6000円(1人分、記念座布団付き)やペアマス席(2人分)2万6000円、1階イス席1万3000円など。テレビ和歌山の特別先行販売が、7月16日午前10時から午後5時まで(℡073・456・0061)。ローソンチケットの先着先行販売が、同17日正午から21日午後11時59分まで。一般発売は同22日午前10時から開始される。

問い合わせは同実行委員会テレビ和歌山営業部(℡073・455・5721)。