グルメ 【和歌人(wakanchu)】で旬の地元食材を使った料理を
和歌人

【和歌人(wakanchu)】で旬の地元食材を使った料理を

公開日 2023.01.02 更新日 2023.01.16

岩出市にある芋スイーツ専門店「cafe&ber和庵」の姉妹店「和歌人(wakanchu)」が11月に磯の浦にオープンしています。黄色い建物と大きな看板が目を引く建て物です。

加太の新鮮な魚

加太、磯の浦の海の幸、地域の農家さんが大切に育てた旬お野菜をメインメニューにした地産地消のお店。
岩出市にあるお芋専門店「cafe&ber和庵」の姉妹店でもあるので今人気のお芋スイーツも楽しめます。

オレンジ色のドラム缶テーブルセット、パラソルがオシャレ。

気持ちの良い光が差し込む明るい店内。

看板娘の三栞(みかん)さんは笑顔がキュートな大学4年生。こつこつ勉強しながらも、和歌人でのバイトも楽しんでるそうです。国家資格に合格したら、春からは看護師です。
絵を描くことが趣味だという三栞さんは、店の看板やロゴもデザインしたそう!

店カラーの黄色は和歌山の太陽、緑は和歌山の自然、食器のブルーは和歌山の海、ソファ&テーブル及びパラソルは和歌山みかんの色をイメージしてるそうです🍊

加太港で水揚げされた魚をすぐにさばいて提供。コリコリとした食感で程よく乗った脂が上品なタチウオの刺し身。ランチはごはんとみそ汁が付いて750円。カワハギやタイなど、魚は日によって変わります。
新メニュー「タチウオの一本揚げ」(500円)。

「加太魚と地元野菜の天ぷら盛り合わせ」(500円)。

フードメニューはどの時間帯も提供していますが、魚や野菜は日によって仕入れ状況が変わります。

「お芋チップス」(580円)。パリパリの食感とメープルシロップの相性がgood!

地元に加太や磯ノ浦に遊びに出掛ける人はテイクアウトもいかがですか??

釣りを楽しんだ後にも

和歌人に新鮮なお魚を提供している「三宝丸」
「三宝丸」の遊漁船で釣りを楽しみ自分が釣った魚を和歌人に持ち込んで食事できるというサービスも!

自分が釣った魚を酒の肴に楽しめるなんて、最高っ!
※三宝丸利用者のみ利用できるサービスです

プロ釣り師
秋丸美帆こと「みっぴ」

秋丸美帆さん(みっぴ)も和歌人でとれたての魚を楽しんだそうです♪
インスタ→@mippy34

自立援助ホームゆるりのまきば

「和歌人」は、「自立援助ホーム ゆるりのまきば」で暮らす子供たちの、社会生活を後押しするための「働きの場」「コミュニティの場」として作られました。アルバイトとして店に出る以外にも、お惣菜を作り高齢者や子ども食堂に届け地域貢献に取り組んでいます。

名称 和歌人(wakanchu)
所在地 和歌山市磯の浦235-6
電話番号 090-2709-8996
営業時間 12:00~20:00
定休日 月・火曜

和歌人は和歌山県サイクルステーションに登録されています。

※掲載各店の判断により、営業形態や営業時間、メニュー等が変更されている場合があります。